自由が丘のアロマ&ヒーリングサロン GemLight(ジェムライト)

自由が丘のアロマ&ヒーリングサロン GemLight(ジェムライト)

09054929738
09054929738
facebook
instagram

ブログ

おまたカイロ番外編(お宮の小話&好転反応)

引き続きおまたカイロの実践感想を聞かせて頂き
ありがとうございます♡今日は番外編です🌼
女性の大事な“おまた”。
そのおまたと深い関係のあるお腹に、
なんとパワースポットであるお宮(神社)を
持っているという考えがあるそうです😳!

女性器の構造から、会陰が鳥居、腟が参道、
子宮が(本殿)という見方ができ
生殖器の周りの脈である血管&血流は、
参道の両脇の木々とのこと🌳
神社に行くと自然の中で過ごす感覚とは
また少し違い、疲れやくよくよした
気持ちが落ちていって
清々しくやる気がみなぎっていきますが、
参道にはそんな自然(大地)エネルギーである
よい氣が脈々と流れていて
それを“龍脈”と呼ぶそうです。

おまたカイロで
龍脈にあたる部分を温めることで
集まる血管を拡げ流れをスムーズにして…

そうか、

だからあんな心の変化が起きたんだ♡
(詳細はをご覧くださいませ)

デトックスで不要なものを排出し
巡りを善くすることを行えば行うほど、
体と心は繋がっているんだなと
確信が深まっていきます♡

人って面白いなあ。

 

そして、おまたカイロを行っていて
心身から不要なものを排出する過程で起きる
反応もちらほら届いているので、
好転反応のお話もさせて頂きたいと思います。

アロマトリートメントの後にも起こりやすい
好転反応は東洋医学の考え方です。
一過性のもので、体が酸性からアルカリ性の
体質に改善するための変化を起こす時、
一部の細胞が拒否反応したり
代謝により細胞が修復される時に起こる反応で
体内にある老廃物(不要なもの)が
体外に排泄される時に起こることをいいます。
最初に“一過性”とは書きましたが、
出かたと期間は若干個人差があります。
ちなみに
①心身に溜めている量と質
②自分の弱い部分の毒だしが起きる
(腸、皮膚、婦人科系と様々です)
③“(心身が)変わってもいい”と望む量
④“何か起きたらどうしよう”と恐れる度合
で差が出るな、と感じます。

好転反応はずっと辛い…というよりは、
いつもと違う?!という変化が1~数日間続き
スッキリ♡身も心もかる~い状態になり、
またしばらくして、おやおや?な変化が起き
また更にスッキリ…♡といったように
階段を一段一段丁寧に登っていくような感じで
よい方向に向かう方が多いです(私もでした)。
今チャレンジ中のお客様&友人&私
のおまたカイロで起きている
一時的な反応(好転反応)として、
・眠気
・お腹が緩くなる
・便秘
・ガスがよく出
・おりもののにおいが強くなる
・排卵時の不正出血
・涙もろくなる
・落ち込む
(普段出ない感情が飛び出す)
などがあります。
私の場合ははじめて2か月間の間に
時々しっかりとした排出(好転反応)が起き、
その後は心身が比較的安定しています🙆💖

 

 

今回のおまたカイロやアロマトリートメント、
食事療法などによるデトックスで、
心身を変化をさせ【新しい自分】に変化をする時
(自分の判断基準である)いいわるいに関わらず、
何かしらの反応は起きます。

ただ、好転反応がずっと続く場合は不安ですよね。
私も2か月間、排卵期に不正出血があった時は
不安でした。病院に行こうか、どうしようかと。
 
同じように悩むときは、


…病院に行きましょう🙆(笑)!


私は今回ぴたっと排出が止まったので
病院には行きませんでした。
普段は薬や医療に頼り過ぎず自然の力を借りて
心身を癒したり改善する様目指していますが、
ここは医療に頼ろうという
ボーダーラインは持っています。

原因が解らずあれやこれや思い悩み不安を
膨らませるのは返って心身に悪影響です。

日々激務のお客さまが翌日の好転反応を恐れて
なかなかトリートメントにれない~!と
仰っていましたが、「だからこそ来るんです!」
と、言ってしまったことがあります(笑)


だましだましで溜め込み限界まで引っ張る、
ちょこちょこ小出しで軌道修正する、
元の自分の状態に戻って行く為の
時間、コスト、気力…どちらに負担がかかるか?
しっかりと考え、今この瞬間を生きている
体を大事にして欲しいのです💕

沢山の沢山の楽しく感動するような経験を
自分に与えてあげる為にも、
好転反応を怖がり過ぎず、
自然療法や医療はぜひ上手に使って
自分の心身の健康を守ってあげてください🙏💖

2月末まで行っております🙆

植物×温×巡×伸で冷え&乾燥撃退!
キャンペーン100分コース♡
(詳細はリンク先をご覧ください↑)

 

 

得丸稚代